ハイドロキノンって効くの?

ハイドロキノンって効くの?

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。アメリカではシミや色素沈着の治療薬として使用されており効果が期待でき、シミの原因であるメラニン色素を作らせる作用を抑える働きをします。

ハイドロキノンで良くなること

ハイドロキノンは、欧米では、「美白と言えばハイドロキノン」と言われるほど一般的な塗り薬です。
日本では、2001年の規制緩和により、一般の化粧品にも配合することができるようになりました。
ハイドロキノンは、シミの元であるメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを低下させ、メラニン色素が作り出されないように作用するだけではなく、メラノサイトそのものにも働きかけ、シミの元になるものを皮膚内から取り除きます。
またこれからできるシミの予防にも役立ちます。
美白効果の高い成分ではビタミンCが有名ですが、ハイドロキノンはビタミンCよりも遥かに高い美白効果があると言われています。
シミは、一般的には、紫外線が原因による老人性色素斑、ニキビなどの炎症によって色素沈着したもの、女性ホルモンの乱れが原因の肝斑、遺伝的な要素が強いソバカスがあります。
ハイドロキノンは、強い漂白作用を持っていますが、すべてのシミに効果があるわけではありません。
肌の表皮にあるシミには効果がありますが、できてから数年が経過しているシミの場合、皮膚の奥の層まで及んでいるため改善は期待できません。
肝斑は、30~40代の女性に目立ってあらわれるシミで、頬骨や口の周辺などに左右対称にあらわれるのが特徴です。
女性ホルモンの乱れが原因と言われていますが、ストレスによって濃くなることもあります。
これは、ハイドロキノンが効果的な場合もありますが、原因によっては効果が出ないこともあります。
また、遺伝的なソバカスも薄くなる可能性はありますが、完全に消すことは難しいでしょう。
ハイドロキノンは、皮膚に浸透しにくい特性があるので、トレチノインと併用して使うことで浸透性が高まります。
トレチノインもシミに効果があるので、一緒に使うことでシミへの効果が一層期待できます。
ただ、誤った使用方法は、逆に皮膚の炎症を引き起こすので、適切な治療方法が求められます。

ハイドロキノンの効果とメリット

シミに関連した商品は、様々なものがあると言えます。
しかしその殆どが、シミの抑制といった意味での効果を謳った商品であり、すでに出来てしまったシミに対しては大きな効果が得られるとは言えないものも多く存在すると言えます。
そんな中で、注目されているのが、ハイドロキノンです。
このハイドロキノンは、すでに出来てしまったシミに対して、メラニンの生成を抑えるといった効果を始め、そのメラニン自体を作り出す元である、メラノサイトの働き自体を抑えるといった効果も期待が出来る成分です。
ハイドロキノンのメリットとして挙げられるのは、何といってもその美白効果の高さであると言えます。
実際にこの成分は、皮膚科や美容外科などといった医療機関などにおいても使用されており、シミを改善させる効果が認められるものとして認められているものです。
そしてその美白力というのは、比較的美白力が高いと言われており、化粧品などにも配合されているアルプチンと比較しても100倍以上であり、今や最も信頼度の高い成分である事が伺えます。
ハイドロキノンはその他の美白商品とは違い、どこか漂白といった側面もあるものですが、完全な化学成分などから生み出されたものではなく、果物や紅茶などといった天然の成分も含まれているといったところも、安心して使える点であると言えます。
その一方で、ハイドロキノンには欠点がありました。実はこの成分は保管されている場所の温度の変化を始め、酸素などに敏感であり、それらの外的な要因が加わる事により、成分が酸化してしまうといった点がありましたが、近年ではその酸化を防ぐものが開発され、また従来のものよりも肌への浸透が高いものが作られる様になりました。

ハイドロキノンのデメリットと注意点

ハイドロキノンには「漂白作用」があることで知られています。
それは、ハイドロキノンには、シミやしわの原因と言われているメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作る細胞の数を減少させる働きがあるからです。
よってハイドロキノンを塗布することにより、シミやしわを改善できると言われています。
ビタミンCやプラセンタなども同様の作用があるのですが、ハイドロキノンは、すでに生じているシミを取り除く効果もあるのです。
しかし、デメリットもあります。
ハイドロキノンの濃度が高ければお肌の漂白効果や即効性は高くなりますが、それに伴い、お肌への刺激も強くなります。
ですから、ハイドロキノンを配合したクリームの使用方法や使用量を誤ると、「白斑」と言って肌の一部だけが真っ白くなってしまうという肌トラブルにつながる恐れがあります。
シミやしわの部分だけにつけるということも大切です。
他の部位に間違ってつけるとこういったトラブルが起こりやすくなります。
副作用として報告されている例では、白斑のほかにも、かぶれ、赤くなる、ヒリヒリする、アレルギー症状があります。
ですから、より安全で適切にハイドロキノンによる両方をするためには必ず、専門医の下で使用することが望ましいでしょう。
特に敏感肌や肌がデリケートな体質の方は注意が必要です。
以前は、皮膚科の医師や薬剤師など専門的な知識を持った方のみが処方できましたが、2001年の薬事法の改正で化粧品の成分として配合される成分数が緩和されたことで、ハイドロキノンは美白化粧品の成分として配合できるようになり、消費者が手に入れられやすくなったこともこういったトラブルが起こる要因の一つです。
■最近、女性の間で話題のプラセンタ
プラセンタの効果を知る