ハイドロキノンって効くの?

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。アメリカではシミや色素沈着の治療薬として使用されており効果が期待でき、シミの原因であるメラニン色素を作らせる作用を抑える働きをします。

シミに有効なハイドロキノンや飲み物とレシピの紹介

シミは一度出来てしまうと、なかなか消えにくいという特徴を持っています。市販の美白化粧品で解決が難しいのであれば、同じ市販品でも、ハイドロキノンが配合された化粧品を利用するのが有効です。
ハイドロキノンはシミ治療を行なっている、皮膚科でも普通に用いられている成分です。以前は医師の処方が必要な成分でしたが、ある程度濃度を薄めたものなら、市販の化粧品にも使えるように規制が変更されています。ですが、症状が重いシミに対しては、やはり皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンを使用したほうが効果があります。
治すだけでなく、シミは予防することも重要になります。シミ予防に効果的なものとして、抗酸化作用のあるビタミンCやポリフェノールが含まれた飲み物があります。日本人に馴染みのある緑茶には、シミの原因になる酸化物質の働きを弱める効果があり、おすすめの飲み物です。コーヒーにも、ポリフェノールが豊富に含まれています。この他では、ワインやココアなどが有効です。
レシピとしては、ビタミンCやポリフェノールの他、抗酸化作用があると有名なビタミンEの含まれた食材を活用するのがおすすめです。
サバやパプリカには、ビタミンEが多く含まれています。サバの他、トマトやタマネギ、チーズなどを利用したレシピなら、シミ予防に有効な成分を食材から豊富に取り入れながら、おいしく食べることができます。作り方はとても簡単で、食材を耐熱皿に並べて、レンジやオーブンで熱を加えることで、すぐに作ることができます。
パプリカは、肌や粘膜の補修に活躍するビタミンAが含まれるニンジンや、美容成分の豊富な大豆にカルシウムたっぷりのちりめんじゃこを一緒に炒めることで、シミ予防レシピを簡単に完成させることができます。