ハイドロキノンって効くの?

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。アメリカではシミや色素沈着の治療薬として使用されており効果が期待でき、シミの原因であるメラニン色素を作らせる作用を抑える働きをします。

ハイドロキノンと化粧品アルブランの成分とカラコン

ハイドロキノンはシミの原因になるメラニン色素が作られるのを抑制する効果と、メラニン色素を作り出す細胞を減少させる効果があるので、肌に対する漂白剤のような働きをするのですが、日本では市販されていないので美容外科などを受診してオーダーメイドのクリームを購入したり、個人輸入で海外のハイドロキノン配合の製品を購入する以外の入手方法はありません。日本では製品としてハイドロキノンが販売されていないので、美容外科などで調合されたものを購入するしかないので、使い続けるためには高額の費用が必要になる場合もありますが、アメリカなどでは一般に普及していて、多くの女性が使用しているので日本においても今後は普及する可能性がありますが、医師の管理下でしか使用が許されていないので現時点では購入する方法が限定されています。アルブランは植物エキスやユーカリエキス、ユズエキスなどを配合したクリームで保湿成分や美白成分、血行促進成分を含んでいるので、明るい肌色に仕上げることができるので、くすみなどが目立たない透明感がある明るい肌を長時間持続することができます。アルブランはスキンケアとベースメイクを兼ねたクリームなので様々な技術の相乗効果で白い肌を実現することができます。カラコンは一般的にはカラーコンタクトレンズのことを指しますが、通常のコンタクトレンズとは異なった使い方をするので、酸素の透過性などは重視されていないので、角膜などに炎症が起きるリスクがあります。また日常的にコンタクトレンズを装着している人は上手に付けられますが、コンタクトレンズの装着の指導を受けたことがない人がカラコンを装着すると炎症が起きる可能性があります。