ハイドロキノンって効くの?

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。アメリカではシミや色素沈着の治療薬として使用されており効果が期待でき、シミの原因であるメラニン色素を作らせる作用を抑える働きをします。

授乳期にはツボの刺激とハイドロキノン

子供を産み、授乳期に突入した女性が共通して抱えている悩みがあります。
それは、以前よりもシミができやすくなったということです。
授乳するようになると、見受けられるのは、ホルモンバランスが大きく乱れてしまうためです。
このような時期に利用すべきなのが、ハイドロキノンという成分が配合されたクリームを用いることです。
ハイドロキノンが持つ作用というのは、シミの要因になるメラニン色素を生成する物質の働きを弱めることで、シミが生じなくなるということです。
ハイドロキノンクリームと言っても、種類が多いというのが現状です。
販売されている製品によっては、配合されている濃度が大きく異るので、パッケージの表記をしっかりと確認することが求められます。
一般的には、市販品の場合多くても4%程度と言われています。
ハイドロキノンの使用と同時に行うことが好ましいのが、ツボを刺激することです。
ツボといえば、疲労を回復したり特定の部位の症状を改善するという目的で刺激されることが多いのですが、シミの改善という目的でも有効的です。
そして、ハイドロキノンは既に出来てしまっているシミに効果があるだけではなく、シミが出来そうな場所に予め塗っておくことで予防にもなります。
そして、ニキビの跡を綺麗に治すことができたり、シワをケアすることができるなど、あらゆる症状に効果があります。
このように、とても高い効果がありますが、使い方には注意が必要です。
その理由は、とても刺激が強いため、誤った方法で使用してしまうと、炎症などの肌トラブルが生じることがあるためです。
肌トラブルを避けるために、使用前には必ずパッチテストを行うようにすると良いでしょう。